遺産相続の基本用語

遺産相続の基礎知識

相続紛争・遺産争い(争続・争族)とは何か?

遺産相続は,場合によっては親族間で骨肉の遺産争いになることがあり,そのため,相続紛争は「争続(争族)」などと揶揄されることがあるほど,トラブルの生じやすい問題でもあります。ここでは,この遺産相続の紛争(争続・争族)にはどのようなトラブルがあるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

争続・争族とは?

遺産相続という制度は,ある人が築き上げた財産を,その人の家族に受け継がせることによって,その財産的資源を活用していこうという法制度です。

ところが,この遺産相続という制度は,時として,親族間に骨肉の争いというべき大きな紛争,いわゆる遺産争いを生じさせてしまうことがあります。

そのため,遺産相続は,争いが絶えない問題であるという意味で,「争続」とか「争族」などと揶揄されることがあります。それほどに,遺産相続においては,実に頻繁に,親族間においてトラブルが生じやすい問題なのです。

この遺産相続に関する紛争は,さまざまなものがあります。最も頻繁に生じるトラブルは,言うまでもなく,遺産(相続財産)をどのように分配すべきかというトラブルでしょう。

また,相続をすると,相続人は,プラスの財産(資産)だけでなく,マイナスの財産(負債)も受け継がなければなりません。そのため,そのマイナスの財産をどのように扱うべきかということに関し,債権者との間でトラブルが生じることもあります。

遺産相続の紛争は,相続財産がまったくないというのなら,さすがに争いは起きないでしょうが,しかし,相続財産が少ないからといって紛争が生じないというわけでもありません。遺産相続の紛争は他人事ではないのです。

>> 遺産相続とは?

遺産(相続財産)をめぐる争い

遺産相続の紛争といえば,やはり,遺産を誰がどの程度取得するのかということが最も大きな紛争になりやすいでしょう。

民法では,誰が相続人となるのかということ,その相続人がどの程度の割合で遺産を受け継ぐのかということを定めていますが,被相続人(亡くなった方)に対する貢献の程度や生前に受けていた恩恵の程度などによっては,上記の決まりには納得できないという人が出てきてしまうことがあります。

そのため,法律で定められた相続分(法定相続分)どおりに遺産を分配するのは納得できないという人がいれば,遺産をめぐる紛争が生じることになります。

そのため,民法は,相続人間の紛争を解決するための法的手続として「遺産分割」という制度を用意しています。

また,法定相続人には,仮に遺言で法定相続分と異なる相続分が決められていたとしても,最低限度の取り分として「遺留分」が認められていますので,遺言があったとしても,この遺留分について遺産をめぐるトラブルが生じることもあります。

>> 遺産分割とは?

負債・借金の相続に関するトラブル

前記のとおり,争続(争族)になりやすいものは,プラスの遺産をどのように分配するのかという問題ですが,遺産相続をすると被相続人の負債も受け継がなければならないため,この負債・マイナスの財産をどのように扱うのかということも,相続では重大な問題です。

特に,被相続人の債権者としては,債権を回収できるのかということは重要な関心事項ですから,負債や借金について,相続人と債権者との間でトラブルが生じるということがあるでしょう。

これについても,民法では,相続人に,相続をしないという選択権を与えています。相続人が相続をしないという意思表示をすることを「相続放棄」といい,相続人に相続債務を免れるための法制度を用意しているのです。

また,相続債務の負担を免れるための法制度としては,上記相続放棄のほかに,相続財産で相続債務を弁済して,なお余剰がある場合にだけ相続を承認するという留保付きの相続承認である「限定承認」という制度も設けています。

>> 相続人の選択権とは?

遺産相続トラブルを予防する方法

前記のとおり,遺産相続においては,プラスの相続財産がある場合でも,マイナスの財産がある場合でも,争続・争族になる可能性があります。

しかし,被相続人としては,ご自身が遺した財産によって,親族間または親族と債権者との間で紛争が生じることは,本意ではないでしょう。

そこで,民法では,争続トラブルを予防または最小限化できるように,「遺言」という制度を設けています。

法律で定める様式に従って明確に遺言を作成しておくことによって,遺産相続の紛争を最小限化できることがあります。

>> 遺言とは?

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

遺産相続問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

この記事がお役にたてたらシェアお願いいたします。

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ