遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

遺産分割

預金・貯金(払戻請求権)はどのように遺産分割されるか?

相続財産として最も典型的なものといえば,やはり預金・貯金(払戻請求権)でしょうが,この預貯金払戻請求権には,通常の財産とは異なる取扱いがあります。ここでは,預金・貯金(払戻請求権)の遺産分割についてご説明いたします。

(著者:弁護士

預金・貯金の法的意味

相続財産のうちで最も典型的なものは,預金・貯金でしょう。

この預金・貯金は,現金ではありません。実際に金銭を管理保管しているのは銀行等です。預貯金がある,ということは,つまり,銀行等が保管している金銭を,払い戻す権利があるということです。

したがって,法的にいえば,預金や貯金というものは,預けている銀行等に対してその預貯金の払戻を請求できるという請求権(債権)のことなのです。法的には,現金とは異なる取り扱いがなされることになります。

相続における可分債権の取扱い

相続が開始されると,相続財産は,遺産分割によって各共同相続人の具体的な相続分が確定するまでの間,各自の相続分に応じて共有とされるのが原則です。

もっとも,例外はあります。それが「可分債権」です。可分債権の典型例は「金銭債権」です。

金銭債権その他の可分債権は,他の相続財産と異なり,相続開始によって当然に分割され,各共同相続人がそれぞれの相続分に応じて分割された債権を取得するものとされています(最一小判昭和29年4月8日最三小判昭和30年5月31日最判平成16年4月20日等)。

つまり,たとえば,遺産として1000万円の可分債権があり,相続人としてそれぞれ4分の1ずつの相続分を有する共同相続人がいた場合であれば,遺産分割をしなくても,相続開始と同時に,各共同相続人にそれぞれ,250万円ずつの可分債権が認められることになるということです。

預貯金払戻請求権の遺産分割

前記のとおり,可分債権は,相続開始と同時に法律上当然に分割され,各共同相続人がそれぞれの相続分に応じて分割された債権を取得するものとされていますから,遺産分割の対象にはなりません。

そうすると,可分債権である預貯金払戻請求権も,遺産分割の対象にはならないはずです。実際,かつては,最高裁判例においても,預貯金払戻請求権は遺産分割の対象とならないと解されていました(最判平成16年4月20日等)。

もっとも,預貯金は,決済機能が重視され,現金とそれほど異ならないものとして扱われているのが通常です。

そこで,現在では,預貯金払戻請求権は,相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることなく,他の可分債権と異なり,遺産分割の対象になるものと解されるようになっています(最大判平成28年12月19日)。

なお,遺産分割の対象となる預貯金の金額は,相続開始時における金額を基礎としますが,葬儀費用等を相続財産である預貯金から支出しているという場合には,それも考慮して金額を定めることになります。

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産分割のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,遺産分割に関する法律相談やご依頼を承っております。

遺産分割をお考えの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談のご予約は,【042-512-8890】までお電話ください。お待ちしております。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ