遺産相続の基本用語

遺産相続の基礎知識

借金などの負債・債務も相続されるのか?

相続が開始されると,被相続人が有していた権利義務(相続財産)が相続人に承継されることになりますが,この相続財産に借金などの負債や債務が含まれるとすると,相続人は相続によって借金なども引き継ぐことになります。ここでは,借金などの負債や債務も相続されるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

相続における借金などの負債・債務の取扱い

相続開始されると,被相続人の一身に専属するものを除いて,被相続人が有していた一切の権利義務(相続財産)が相続人承継されることになります。

相続されるのは権利だけではありません。上記のとおり,義務も受け継ぎます。プラスの遺産(資産)だけではなく,マイナスの遺産(負債・債務)も一緒に受け継ぐことになるのです。

マイナスの遺産として,代表的なものは,やはり借金でしょう。被相続人が借金を負っていた場合,相続をすると,被相続人はその借金を被相続人に代わって返済していかなければならなくなります。

相続人が複数いるという場合であれば,各共同相続人がそれぞれの法定相続分に応じて,遺産分割を経ることなく,当然に分割された債務を負担することになります。

たとえば,それぞれ5分の1ずつの法定相続分の共同相続人が5人いる場合に,被相続人に1000万円の借金が残っていたとすれば,各共同相続人はそれぞれ200万円ずつの借金の支払義務を背負うことになるということです。

借金などの負債・債務がある場合の対処法

被相続人に借金などの負債や債務が残っていたという場合,必ずその負債を受け継がなければならないとすると,相続人に不測の損害を与えることになります。

そこで,法は,相続財産のうちに借金などの債務がある場合に備えて,相続人がとることのできる対処法を用意しています。それが「相続放棄」や「限定承認」という制度です。

まずは,どのくらいの借金・負債があるのか,逆にどのくらいの資産や財産があるのかを確かめる必要があります。

その調査の結果,資産が借金や負債を上回っているということであれば,相続をしても,相続した資産で負債を支払うことが可能ですから,相続をしても問題ないでしょう。

しかし,負債の方が資産よりも多いという場合には,相続をすると,負担ばかりを背負ってしまう危険性があります。そのような場合には,上記の相続放棄や限定承認という方法をとる必要が出てきます。

相続放棄は,資産もすべて相続しないかわりに,借金・負債もすべて相続しなくて済むという制度です。つまり,相続そのものをしないという制度です。

限定承認とは,相続財産(遺産)の範囲内でのみ,借金・負債を相続するという制度です。したがって,借金・負債の方が資産よりも大きい場合には,相続はなされないということになります。

借金・負債の方が大きいことが明らかな場合には,相続放棄を選択するのが通常ですが,負債の方が大きいことが明らかでない場合などには,限定承認を選択する場合もあります。

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

遺産相続問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

この記事がお役にたてたらシェアお願いいたします。

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ