遺産相続の基本用語

遺産相続の基礎知識

国債は相続財産(遺産)に含まれるか?

国債も財産的価値を有していますので,相続財産性があります。ここでは,国債も相続財産(遺産)に含まれるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

国債とは?

国債とは,国が歳入の不足を補うために金銭を借り入れることによって負う一切の債務のことをいいます。

国債を表章する債券は,「国債ニ関スル法律」に基づき,国によって発行されます。この債券そのものを国債ということもあります。

国債には,様々な種類がありますが,近時は,ゆうちょ銀行が行う1万円単位で購入可能な個人向け国債などの金融商品もあります。

国債を購入すると,その購入者と国との間には金銭消費貸借契約類似の法律関係が発生し,国(日本政府)によって利息および元本が支払われることになります。

>> 国債とは?(財務省サイトから)

国債の相続財産性

国債とは,要するに,国に対する貸付金です。購入者は,国に対して,貸金返還・利息の支払いを求める請求権を有するということです。

したがって,国債は財産的価値を有していますから,被相続人が国債を有していれば,その国債も相続財産に含まれます。

>> 相続財産とは?

国債の準共有

社債は,前記のとおり,国に対する債権です。しかも,貸付金ですから,金銭債権の性質を有しているといえます。

そうすると,金銭債権である以上,原則論からすれば,相続の開始によって,遺産分割を経ずに,各共同相続人に対して,それぞれの相続分に従って,当然に分割して相続されることになるはずです。

もっとも,国債は,法令によって購入の単位が決められ,一単位未満での権利の行使が認められていません。そうすると,純然たる可分な金銭債権とはいえません。

そこで,国債については,相続人が複数いる場合には,共同相続人にそれぞれの相続分に従って当然に分割されるものではなく,共同相続人全員の準共有になると解されています。

この点につき,最高裁判例も,個人向け国債について「個人向け国債の内容及び性質に照らせば,共同相続された個人向け国債は,相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはないものというべきである。」として,「本件国債等は,本件遺産分割審判によって上告人ら及び被上告人の各持分4分の1の割合による準共有となった」と判示しています(最三小判平成26年2月25日)。

実際,ゆうちょ銀行においても,購入者の死亡による中途換金の場合,共同相続人全員から委任を受けた代表相続人宛てに全額を払戻しするという取り扱いをしています。

>> 国債は遺産分割の対象となるのか?

国債の相続財産性に関連する記事

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

遺産相続問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ