遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

遺産相続の基礎知識

同時死亡の推定とは?

被相続人とその相続人が同時に死亡した場合に「同時死亡の推定」がなされることがあります。ここでは,この同時死亡の推定について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

被相続人と相続人が同時に死亡した場合

相続には,同時存在の原則という原則があります。すなわち,被相続人が亡くなった時(相続開始時)に相続人が存在していなければ,その相続人について相続は発生しないという原則です。

したがって,被相続人が亡くなった時に,すでに相続人となるはずの人も亡くなっていれば,その相続人となるはずだった人については,遺産相続は発生しないことになります(ただし,代襲相続は発生する場合があります。)。

被相続人と相続人(となるべき人)とが同時に亡くなった場合も,被相続人の死亡の時点で,それと同時に相続人は死亡しているのですから,相続開始の時に相続人が存在していないということになります。

したがって,被相続人と相続人がまったく同時に死亡した場合には,やはりその相続人について相続は発生しないことになります。

>> 相続人同時存在の原則とは?

死亡の先後が分からない場合

それでは,被相続人と相続人が亡くなった順番が分からない場合にはどのように取り扱うべきでしょうか。

例えば,被相続人と相続人が一緒に乗っていた飛行機が墜落し,その事故で2人とも亡くなったものの,どちらが先に亡くなったのかが分からないというような場合が挙げられます。

このような被相続人と相続人の死亡の先後が不明であるという事態に備え,民法では「同時死亡の推定」という規定が用意されています。

同時死亡の推定とは,「数人の者が死亡した場合において,そのうちの一人が他の者の死亡後になお生存していたことが明らかでないときは,これらの者は,同時に死亡したものと推定する」という制度です。

上記の飛行機の事例でいえば,被相続人と相続人とは同時に死亡したものとして推定されます。そして,その結果,同時存在の原則により,その相続人については相続は発生しないということになります。

なお,この同時死亡はあくまで「推定」です。したがって,後にどちらが先に亡くなったかの先後関係を示す証拠がでてくれば,その推定を覆すことが可能です。

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

遺産相続問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ