遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

遺産相続の基礎知識

最高裁判所第二小法廷昭和56年4月3日判決とは?

相続欠格となる遺言作成不当干渉行為に関する判例として,相続人の意思を実現させるために,相続人が方式不備で無効な遺言書の方式を具備する行為は,相続欠格事由に当たらないとした最高裁判所第二小法廷昭和56年4月3日判決があります。ここでは,この最二小判昭和56年4月3日について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

民法891条5号の相続欠格事由

民法891条5号は,「相続に関する被相続人の遺言書を偽造し,変造し,破棄し,又は隠匿」する行為相続欠格事由に当たることを規定しています。

この条文には,偽造や変造等の行為が規定されていますから,故意に基づく行為が対象となることは間違いありませんが,それ以上に,「不当な利益を得る目的」が必要となるかどうかについては規定がありません。

そこで,民法891条(3号から)5号の相続欠格事由に当たるというためには,故意のほかに,不当な利益を得る目的が必要となるのかどうかが問題となってきます。

この問題についての判断を示したのが,以下でご紹介する最高裁判所第二小法廷昭和56年4月3日(最二小判昭和56年4月3日)です。

>> 相続欠格事由となる遺言作成への不当干渉行為

最二小判昭和56年4月3日の解説

最二小判昭和56年4月3日は,以下のとおり判示しています(一部抜粋)。

民法891条3号ないし5号の趣旨とするところは遺言に関し著しく不当な干渉行為をした相続人に対し相続人となる資格を失わせるという民事上の制裁を課そうとするにあることにかんがみると,相続に関する被相続人の遺言書がその方式を欠くために無効である場合又は有効な遺言書についてされている訂正がその方式を欠くために無効である場合に,相続人がその方式を具備させることにより有効な遺言書としての外形又は有効な訂正としての外形を作出する行為は,同条5号にいう遺言書の偽造又は変造にあたるけれども,相続人が遺言者たる被相続人の意思を実現させるためにその法形式を整える趣旨で右の行為をしたにすぎないときには,右相続人は同号所定の相続欠格者にはあたらないものと解するのが相当である。

これを本件の場合についてみるに,原審の適法に確定した事実関係の趣旨とするところによれば,本件自筆遺言証書の遺言者であるD名下の印影及び各訂正箇所の訂正印,一葉目と二葉目との間の各契印は,いずれも同人の死亡当時には押されておらず,その後に被上告人Bがこれらの押印行為をして自筆遺言証書としての方式を整えたのであるが,本件遺言証書は遺言者であるDの自筆によるものであつて,同被上告人は右Dの意思を実現させるべく,その法形式を整えるため右の押印行為をしたものにすぎないというのであるから,同被上告人は同法891条5号所定の相続欠格者にあたらないものというべきである。

>> 上記判決の全文(裁判所HPから)

この判決の事案は,被相続人が遺言を作成していたましたが,遺言作成の方式に不備があったため,本来であれば遺言としての効力を生じないものであったところ,その相続人が,相続開始後に,被相続人の意思を尊重して遺言を有効なものにしようとして,その無効な遺言の方式を具備するように訂正をしたという事案です。

上記判決は,民法891条3号から5号までの遺言作成等に対する不当干渉行為の趣旨を,「遺言に関し著しく不当な干渉行為をした相続人に対し相続人となる資格を失わせるという民事上の制裁を課そうとするにあること」としています。

そして,上記ような趣旨からすれば,相続人による訂正は遺言書の偽造・変造には形式的に当たるけれども,相続欠格事由にはならないとしてます。

つまり,判決では明示はされてませんが,この事案では相続人が被相続人の意思を尊重しようとして偽造等をしたものであり,「不当な利益を得る目的」がないから,相続欠格とはならないとしたというように解釈できます。

したがって,判例も,民法891条5号については,故意のほかに「不当な利益を得る目的」が必要であるという立場をとっているものと考えられています。

なお,この判決では5号が問題となっているので,5号についてだけ判断されていますが,「民法891条3号ないし5号の趣旨とするところは」として3号・4号も含めて同じ趣旨であると解していることからして,3号・4号の場合についても,5号と同様に,故意のほかに不当な利益を得る目的が必要であると考えているものと思われます。

もっとも,この判決(多数意見)に対しては,遺言に厳格な方式を要求する法の趣旨に反するとして,宮崎裁判官による反対意見(相続欠格に当たるとする意見)もあります。

なお,この判例の後に,最三小判平成9年1月28日では,5号について不当な利益を得る目的が必要であるという判断がなされています。

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

遺産相続問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ