遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

相続の承認・放棄

相続放棄とは?

相続人が,相続をしないという意思表示をすることを,相続放棄といいます。ここでは,相続放棄についてご説明いたします。

(著者:弁護士

相続放棄とは?

遺産相続が開始されると,相続人は,被相続人に属していた一切の権利義務(相続財産)を包括的に承継することになります。

この相続財産には,プラスの財産(資産)だけでなく,マイナスの財産(負債)も含まれます。つまり,相続によって,相続人は,被相続人が負っていた借金などの負債も受け継がなければならなくなるということです。

借金を受け継ぐとはどういうことかといえば,その借金を相続人が支払っていかなければならないということになります。

相続した財産が,プラスの財産の方が大きいのであれば,それを使って返済に充てれば問題はないでしょう。

しかし,そうでなかった場合,つまり,マイナスの財産の方がプラスの財産よりも大きかった場合には,相続財産だけでは支払いきれません。

この場合,負債を相続した相続人が,相続財産だけではなく,自分の固有の財産を使ってでも支払わなければならなくなるのです。

もちろん,相続財産に先祖代々の不動産があって,どうしても相続せざるを得ないというのであればしょうがないですが,そのような,どうしても相続しなければならない事情がないにもかかわらず,相続したということだけをもって,被相続人の負債を全面的に背負わなければならなくなるというのは,相続人に大きな不利益を被らせることになります。

そこで,は,相続人に,相続しないこともできるという選択権を与えています。この,相続人による相続しない旨の意思表示を「相続放棄」といいます。

この相続放棄をすると,その放棄をした相続人は,相続開始のはじめから相続人ではなかったものとみなされることになります。つまり,相続財産を受け継がなくてよくなるのです。

ただし,相続放棄の場合には,すべて相続財産を相続しないということになりますので,マイナスの財産(負債)だけでなく,プラスの財産(資産)も承継することはできなくなります。

>> 相続人の選択権とは?

相続放棄の方法

相続放棄は,単に相続放棄するという意思表示をすれば,効果が生ずるというものではありません。一定の手続を履践する必要があります。

具体的には,家庭裁判所に,相続放棄の申述をする必要があります。申述をする家庭裁判所は,被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所です。

例えば,被相続人の方が東京都立川市に住んでいたのであれば,東京家庭裁判所立川支部ということになります。

また,もっとも注意しなければならないのは「熟慮期間」です。

相続開始を知った時から3か月以内に相続放棄(または限定承認)の申述をしなければ,単純承認をしたものとみなされ(法定単純承認),それ以降,相続放棄をすることができなくなってしまいます。この期間のことを熟慮期間といいます。

したがって,相続放棄を検討されている方は,この熟慮期間(相続開始を知った時から3か月以内の期間)には,十分に注意をしておく必要があります。

>> 相続放棄の手続はどのような流れで進むのか?

相続放棄の熟慮期間

前記のとおり,熟慮期間は相続開始を知った時から3か月以内です。

ただし,相続財産が不明確で相続放棄をすべきかどうかが分からないというような事情がある場合には,その調査のために,一定の期間,熟慮期間を伸長してもらえる場合があります。

そのような事情がある場合には,相続開始から3か月以内に,家庭裁判所に熟慮期間の伸長の申述をすべきでしょう。

この場合も,相続放棄の申述と同様,被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申述することになります。

>> 相続放棄はいつまでにすればよいのか?

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

遺産相続問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ