遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

遺産相続の基礎知識

相続資格が重複する場合に相続分はどうなるのか?

相続資格が重複する場合には,通常とは異なる方法で相続分を計算しなければなりません。ここでは,この相続資格が重複する場合に相続分はどうなるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

相続資格が重複する場合の取扱い

誰が法定相続人となり,その法定相続人にどの程度の法定相続分が認められるのかについては,民法で原則が定められています。

法定相続人となるのは,子・直系尊属・兄弟姉妹・配偶者です。子が第1順位,直系尊属が第2順位,兄弟姉妹が第3順位です。配偶者は常に相続人となります。

ある人が法定相続人となったとしても,たとえば「子」の立場として,あるいは「直系尊属」の立場として,というように,1つの法定相続人の資格だけであるということが通常でしょう。

もっとも,まれに,複数の相続資格を重複して有しているという場合があります。

たとえば,孫を養子縁組したことにより,その孫が「子」であると同時に,代襲相続人でもあるというような場合です。

このような相続資格が重複する場合にどのように取扱うべきかということが問題となります。

結論からいえば,重複した複数の相続資格に基づいて,そのそれぞれの相続分をすべて取得できることになります。

>> 法定相続分はどのように計算するのか?

相続資格が重複する場合の具体例

相続資格が重複する場合としては,前記の養子としての相続分と代襲相続人としての相続分を有するという場合が挙げられます。また,非嫡出子を養子縁組した場合も同様に扱われるのかという点も問題となります。

養子としての相続資格と代襲相続人としての相続資格の重複

たとえば,Aには,長男Bと長女Cがおり,長男Bには子D(Aからみれば孫)がいたとします。

長男BがAよりも早く亡くなったため,後継者が必要であるということで,Aは孫Dと養子縁組をしました。配偶者はすでに亡くなっています。

この場合に,Aが死亡すると,相続人は「子」である長女Cと養子縁組をしたDということになります。

さらに,長男BはA死亡前に亡くなっているので代襲相続が発生し,DはさらにBの代襲相続人ということにもなります。

そして,前記のとおり,相続資格が重複する場合には,その各相続資格の相続分のすべてを受け取ることができますから,Dは,子としての相続分と代襲相続人としての相続分を両方譲り受けることになります。

具体的には,Dは,子としての相続分【3分の1(子が3人いるため)】と,代襲相続人としての相続分【3分の1(Bの相続分)】の合計【3分の2】の相続分を承継するということになります。

非嫡出子を養子縁組した場合

非嫡出子(いわゆる婚外子)を,嫡出子にするために,養子縁組するという場合があります。この場合も,ある意味では,養子としての相続資格と非嫡出子としての相続資格があるというようにもみえます。

しかし,非嫡出子を養子縁組するというのは,あくまで非嫡出子を嫡出子にすることが目的です。非嫡出子と嫡出子という2つの資格が生ずるわけではありません。

したがって,非嫡出子を養子縁組した場合には,相続資格の重複は生じません。その養子は,「子」としての相続分を承継するだけということになります。

なお,かつては非嫡出子の相続分は嫡出子の2分の1とする規定が効力を有していましたが,現在では,すでに最高裁判所大法廷によってその規定は違憲無効であるとされていますので,非嫡出子の相続分と嫡出子の相続分は対等のものとして扱われることになります。

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

遺産相続問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ