遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

遺産相続の基礎知識

相続分とは?

共同相続人の相続財産(遺産)に対する持分のことを「相続分」といいます。相続分には,遺言による相続分の指定によって定められる「指定相続分」と民法の規定によって定められる「法定相続分」があります。指定相続分が定められている場合,法定相続分の規定は適用されません。

ここでは,この相続分について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

相続分とは?

遺産相続においては,被相続人の有していた一切の権利義務(相続財産)は,相続人等に分配されることになります。

相続人が1人であれば,その相続財産はすべてその1人の相続人に承継されることになるので,遺産をどのように分配するのかということを気にする必要はありません。

しかし,相続人が複数いる場合には,相続財産を共同相続人のうちの誰に,何を,どれだけ分配するのかが問題となってきます。

この,共同相続人の相続財産(遺産)に対する持分のことを「相続分」といいます。

この相続分には,法定相続分と指定相続分という区分があります。

指定相続分

被相続人の意思を尊重するという見地から,被相続人は,遺言によって,相続分を指定することができるとされています(民法902条1項)。これを「相続分の指定」といいます。

そして,被相続人による相続分の指定によって定められる相続分のことを「指定相続分」といいます。指定相続分が定められている場合,後述の法定相続分は適用されません。

相続分の指定は,遺言によってする必要があります。遺言以外の方法でした相続分の指定は法的効力を持ちません。

法定相続分

遺言による相続分の指定がされていない場合には,民法の規定により相続分が定められます。民法の規定によって定められる相続分のことを「法定相続分」といいます(民法900条)。

法定相続分の割合

法定相続分は,割合的に定められます。

法定相続人は「子」「直系尊属」「兄弟姉妹」「配偶者」です。,配偶者は常に法定相続人となります。配偶者以外については,子が第1順位,直系尊属が第2順位,兄弟姉妹が第3順位とされています。

つまり,配偶者以外の立場については,「子」がいるときは「子」が,「子」がいないときは「直系尊属」が,「子」も「直系尊属」もいないときは「兄弟姉妹」が相続人となるということです。

同順位の法定相続人が複数いる場合には,頭割りで相続分が決まります。例えば,「子」が3人いれば,「子」に割り当てられた相続分は,各人に3分の1ずつ認められるということです。

配偶者がいる場合には,若干相続分も異なってきます。

まず,子が相続人となる場合には,配偶者に2分の1が与えられ,子には2分の1が与えられます。

直系尊属が相続人となる場合には,配偶者に3分の2が与えられ,直系尊属には3分の1が与えられます。

兄弟姉妹が相続人となる場合には,配偶者に4分の3が与えられ,兄弟姉妹に4分の1が与えられるということになります。

なお,配偶者がいる場合の,「子」「直系尊属」「兄弟姉妹」とは,個々の子・直系尊属・兄弟姉妹を意味しません。

言ってみれば,子・直系尊属・兄弟姉妹というカテゴリーに相続分が割り当てられるといった方がよいかもしれません。

つまり,「子」が相続人となる場合には,配偶者に2分の1が与えられ,「子」には2分の1が与えられるといいましたが,ここでいう「子」が複数人いたとしても,その複数人の子全体に与えられる相続分は2分の1ということです。

したがって,例えば,法定相続人が配偶者と3人の子であったという場合には,配偶者に2分の1の相続分,3人の子各人に(2分の1÷3=6分の1)の相続分が割り当てられるということになるということです。

また,相続資格が重複する場合には,その両方の相続資格に基づいて相続分を承継することになります。

>> 法定相続分はどのように計算するのか?

遺産分割による具体的相続分の確定

相続が開始されると,相続財産は,法定相続分の割合で共同相続人間での共有(または準共有)となるのが原則です。

ただし,相続開始後に共同相続人間で遺産分割を行うことによって,法定相続分と異なる具体的相続分を取り決めることができます。

>> 遺産分割とは?

相続分に関連する記事

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,遺産相続に関する法律相談やご依頼を承っております。法律相談料金は30分5000円(税別)です。

ご相談のご予約は【 042-512-8890 】までお電話ください。お待ちしております。

※なお,お電話・メールによるご相談は承っておりません。弊所にご来訪いただいてのご相談となります。あらかじめご了承ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ