遺産相続の基本用語

遺産相続の基礎知識

ペットに遺産を相続させられるか?

相続の現代的な問題の1つに,自分のペットに遺産を遺すことが法的に可能なのかという問題があります。ここでは,このペットに遺産を遺すことはできるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

ペットへの遺産の相続・遺贈

過去に,アメリカで,大富豪の飼い犬が亡くなったというニュースがありました。

しかし,いくら大富豪のペットであっても,飼い犬が亡くなったくらいで,外国である日本でまでニュースが流されるわけがありません。

このトラブルで登場した犬は,ただの犬ではありません。飼い主である大富豪から約200万ドルの遺産相続した犬だったのです。

アメリカでは,州によって異なりますが,多くの州で,ペットに一定の財産を相続させるための制度が法律によって定められています。

そのため,遺言によって(具体的には遺言信託の形をとるようですが)ペットに遺産を相続させることも認められているとのことです。

日本でも,このような,ペットにご自身の遺産を遺したいというご希望やご要望があるのではないかと思われます。

少子化の進む日本においては,もしかすると,意外とあり得る法律問題なのではないかという感じもします。

日本における法制度とその問題点

前記のとおり,日本でも,ご自身の飼われているペットに何らかの財産を遺しておきたいというご要望は,少なからずあるのではないかと思われます。

しかし,日本では,ペットといえども,法律上は,人以外のものということで「物」扱いとされています(動物愛護法等の特別法を除く。)。

したがって,日本の民法では,相続や遺贈を受けることができるのは「相続人」,つまり「人」に限られていますから,ペットに遺産を相続させることはできません。

したがって,仮に,ペットに財産の全部または一部を相続させるというような遺言を作成していたとしても,その遺言は法律上の効果を生じません。

日本で採り得る方法があるとすると,負担付き遺贈の方法を利用するということが考えられます。

負担付き遺贈とは,要するに,遺産をもらう代わりに何らかの負担を課せられるというものです。これを利用し,遺産をもらう代わりにペットの面倒をみなければならない,という遺言を残しておくということです。

しかし,遺産をもらった人が,ちゃんと面倒をみてくれるかどうかは分かりません。あらかじめ,信頼できる人なのかどうかを調査しておく必要がありますし,それを監視する人(おそらくは遺言執行者や他の相続人がそれをすることになるのでしょう。)を選任しておく必要もあるでしょう。

もう1つの方法としては,最近日本でも認められるようになった遺言信託を利用するという方法も考えられます。これは,遺産を信託管理人の管理の下,ペットのために遺産を利用してもらうという制度です。

これであれば,遺産を他の人に渡さずに済むので,より被相続人の希望に近い形で遺産が利用されるようになる可能性があります。

ただし,まだ新しい制度であり,事例の蓄積が少ないので,これからの課題ということにはなると思われます。

いずれにしろ,法的な問題はともかく,やはり最大の問題は,ペットの面倒をみてくれる信頼できる人(または団体)がいるかどうか,なのかもしれません。

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

遺産相続問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

この記事がお役にたてたらシェアお願いいたします。

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ