遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

遺産相続の基礎知識

相続にはどのような効果があるのか?

相続が開始されると,被相続人に属していた一切の権利義務が相続人に包括的に承継されることになります。ここでは,相続の効力についてご説明いたします。

(著者:弁護士

相続の効力・効果

遺産相続が開始されると,被相続人の一身に専属したものを除いて, 「相続人は,相続開始の時から,被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する」ことになります(民法896条)。

被相続人の財産に属した一切の権利義務を,相続人が受け継ぐことになるということです。

相続人が複数いる場合であれば,各共同相続人が,原則として,遺産分割によって確定されるまでの間,その相続財産を共有することになります。

この「被相続人の財産に属した一切の権利義務」から「被相続人の一身に専属したもの」を除いたものを「相続財産」といいます。

相続財産には,プラスの財産(資産)だけでなく,マイナスの財産(負債)も含まれます。

したがって,相続が開始されると,被相続人の資産だけでなく負債も相続人がすべて受け継ぐことになります。

相続財産の包括承継

前記のとおり,相続人は,相続財産を包括的に承継することになります。

ある人がある人の財産等を受け継ぐことを「承継」といいますが,この承継には,上記の「包括承継」と「特定承継」とがあります。

包括承継とは,一般承継ともいい,一切の権利・義務を受け継ぐことをいいます。これに対し,特定承継とは,権利・義務の一部を受け継ぐことをいいます。

特定承継の場合,資産の一部だけを受け継ぐとか,負債の一部だけ受け継ぐということもあります。

包括承継がなされるのは,法人であれば合併や会社分割の場合であり,個人の場合にはこの遺産相続の場合です。

共同相続人がいる場合

遺産相続によって,被相続人に属した一切の権利義務は相続人に包括承継されます。

もっとも,相続人といっても,1人の場合もあれば複数人の場合もあります。

相続人が1人の場合であれば,すべての相続財産がその1人に包括承継されることになるだけですが,相続人が複数いる場合(この複数の相続人のことを「共同相続人」といいます。)には,その相続財産は,その共同相続人に法律の定めに従って分配されることになります。

この法律で規定された相続財産の分配の割合のことを「法定相続分」といいます。

相続人が複数である場合,相続が開始されると,まずその相続財産は,いったん共同相続人の共有となります(民法898条)。

そして,共同相続人は,それぞれの相続分に応じて相続財産を包括承継することになります(899条)から,その相続人の相続分に応じて共有の持分の割合が決められることになります。

例えば,被相続人に妻と2人の子がいた場合,妻が2分の1,子がそれぞれ4分の1ずつ法定相続分を持っています。

この場合に,相続財産として土地と建物があったとすると,その土地の共有持分は, 妻が2分の1,子がそれぞれ4分の1ずつとなり,建物の共有持分も,妻が2分の1,子がそれぞれ4分の1ずつということになります。

もちろん,遺産分割によって,これとは異なる割合にすることは可能です。

ただし,金銭その他の可分債権については,遺産相続後に相続人間で共有とはならず,それぞれの相続分に従って,当然に分割承継されると解されています。

>> 相続財産の共有

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

遺産相続問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ