遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

遺産相続の基礎知識

相続開始の場所(相続開始地)とは?

遺産相続は,相続開始の場所(相続開始地)において開始されます。ここでは,相続開始の場所(相続開始地)とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

相続開始の場所(相続開始地)とは?

「相続は,被相続人の住所において開始する。」(民法883条)とされています。この場所のことを「相続開始地」といいます。

通常は,上記のとおり「被相続人の住所」が相続開始の場所(相続開始地)ということになります。

この被相続人の住所とは,被相続人の方の最後の住所地です。通常は,住民票上の住所が被相続人の住所となります。

また,住民票上は違うところに住所があるけれども,実際にはそこに住んでおらず別の場所に住んでおり,そちらの方で亡くなったという場合には,そこが住所ということになりますので,その実際の住所地が相続開始地になります。

住所がまったくないという場合はあまりないかもしれませんが,仮にそのように住所が分からないという場合には,実際に住んでいた場所(居所)が住所となるので,そこが相続開始地ということになります。

相続開始地を定める意味

この相続開始の場所(相続開始地)は,裁判所の管轄に関係してきます。

つまり,相続の放棄限定承認をする場合の申述,遺産分割調停や審判の申立て,遺言の検認手続の申立て,遺産に関する訴訟等の申立てなどは,原則として,その相続開始地を管轄する裁判所にしなければならないということになります。

立川市が相続開始地なら,東京家庭裁判所本庁又は立川支部(訴訟の場合は,東京地方裁判所本庁又は立川支部)ということになります。

また,相続税の申告にも関係してきます。相続税の申告先は,相続開始地を管轄する税務署ということになります。

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

遺産相続問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ