遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

遺産相続の基礎知識

失踪宣告とは?

実際に死亡が未確認であっても死亡したものとして扱われる制度として「失踪宣告」があります。ここでは,失踪宣告とはどのような制度なのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

失踪宣告とは?

ある人の行方が分からなくなった場合に,一定の要件を満たしたときは,その失踪した人を死亡したものとみなすという制度のことを「失踪宣告」といいます。

失踪者の財産関係を放置しておくと,関係者や家族がいつまでも不安定な状態に立たされることになってしまいます。

そこで,失踪者を死亡したものとみなして,その財産関係等について法的な安定を確保しようというのが失踪宣告制度の趣旨です。

この失踪宣告制度は,特に,相続との関係で問題となってきます。

失踪宣告によって被相続人死亡したものとみなされると,相続を開始させることができるからです。

また,遺族に対する遺族年金等の公的な給付や生命保険金の発生などにも関わってきます。

失踪宣告の種類

失踪宣告には,普通失踪と特別失踪(危難失踪)の2種類があります。

普通失踪

普通失踪とは,事情を問わず,ある人の生死が7年間分からないという場合に認められる場合のことをいいます。

普通失踪の場合には,利害関係人が家庭裁判所に失踪宣告を請求(申立て)をすることになります。そして,生死が不明になってから7年が経過した時点から失踪宣告の効果(死亡したものとみなすという効果)が生ずることになります。

特別失踪

特別失踪とは,戦地に臨んだ人,沈没した船舶の中にいた人,戦災や震災など死亡の原因となるといえる危難に遭遇した人について,その戦争が終わった時,船舶が沈没した時,または危難が去った時から1年間が経過しても生死が明らかでないという場合に認められる失踪宣告です。この特別失踪は,危難失踪とも呼ばれます。

特別失踪の場合も,利害関係人が家庭裁判所に失踪宣告を請求(申立て)をすることになります。そして,危難が去った時に失踪宣告の効果(死亡したものとみなすという効果)が生ずることになります。

失踪宣告の効果

前記のとおり,家庭裁判所による失踪宣告によって,その失踪者を死亡したものとみなすことになります。

死亡したものと「みなす」ということの意味

死亡したとものと「みなす」というのは,単に死亡したものと推定するというだけではなく,死亡したものとして法律上取り扱うということです。

認定死亡制度の場合のように単なる推定にすぎないのであれば,死亡と扱われた人が実際に生きていたことが分かった場合,生きていたことを証明すれば,その推定を覆すことができます。

ところが,失踪宣告は,上記のとおり推定ではなく「みなす」ものです。

そのため,仮に失踪宣告を受けた人が生きていすことが判明したとしても,すでに死亡としてみなされてしまっている以上,単に生きていることを証明しただけでは,失踪宣告を覆すことができないのです。

この失踪宣告を覆すためには,別途,家庭裁判所に対して,失踪宣告取消しを申し立てて,取消しの決定を受ける必要があります。

死亡したとみなされる時期

この死亡したとみなす時期については,前記のとおり,普通失踪と特別失踪では違いがあります。

普通失踪の場合には,生死不明になってから7年が経過した時に死亡したとみなされることになり,特別失踪の場合には,危難が去った時に死亡したとみなされることになります。

相続の開始

死亡したとみなされることになった時に,相続が開始することになります。

失踪宣告の手続

失踪宣告は,普通失踪・特別失踪のいずれの場合も,利害関係人が家庭裁判所に失踪宣告を請求することから始まります。

利害関係人とは,失踪宣告をすることによって法律上の利害関係を有する人のことです。配偶者,子,親など相続人になる人だけでなく,受遺者や保険金の受取人なども利害関係人に当たることになります。

家庭裁判所に請求するというのは,具体的にいえば,失踪宣告の審判を申し立てるということです。申し立てる家庭裁判所は,失踪した方の住所地を管轄する家庭裁判所になります。

>> 失踪宣告の手続(裁判所HPから)

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

遺産相続問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ