遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

相続の承認・放棄

相続人の選択権とは何か?

相続人には,相続をするのか(承認),それとも相続をしないのか(放棄)の選択権があります。ここでは,相続人の選択権についてご説明いたします。

(著者:弁護士

相続人の選択権

相続が開始されると,被相続人に属していた一切の権利義務(相続財産)が相続人包括的に承継されることになります。

一切の権利義務が承継されるということは,つまり,プラスの財産(資産)だけでなく,マイナスの財産(負債)も承継されるということです。

したがって,例えば,被相続人に借金があったという場合には,相続によって,相続人がその借金を負担しなければならないということになります。

しかし,負債よりも資産の方が多いとは限りません。それにもかかわらず,無条件に相続人が負債も受け継がなければならないとすると,あまりに相続人に不利益を被らせてしまうおそれがあります。

また,逆に,負債よりも資産の方が多いからといって,必ずしも相続人が相続を受けたいと思うとも限りません。相続を受けることを潔しとしないという人もいないとはいえないでしょう。

それにもかかわらず無条件に相続ということになれば,そのような相続人の意思を無視することにもなります。

そこで,法は,相続人に,相続をするのか,相続をしないのかの選択権を与えています。これを,「相続人の選択権」と呼んでいます。

>> 相続人(法定相続人)とは?

相続の承認と相続放棄

前記のとおり,相続人には,相続をするかしないかの選択権が認められています。

相続するという選択をする場合

この相続をするという意思表示のことを,「相続の承認」といいます。相続を承認した場合,相続人は,相続財産を包括的に承継することになります。この相続の承認には,単純承認限定承認があります。

単純承認とは,何らの留保もつけずに相続を受け入れいれるというものです。他方,限定承認とは,相続財産のうちで,マイナスの財産よりもプラスの財産の方が多かった場合には,相続を受け入れるという留保付きの承認のことをいいます。

>> 相続の承認とは?

相続しないという選択をする場合

この相続の承認に対して,相続をしないという意思表示のことを,「相続放棄」といいます。相続放棄をすると,その放棄をした相続人は,相続開始のときから相続人ではなかったものとみなされます。

したがって,相続財産のうちで負債の方が明らかに大きいという場合には,相続放棄をすることになるでしょう。

負債の方が大きいのかが不明であるという場合には,限定承認を選択することになります。

ただし,相続人が,相続財産を処分するなどの一定の行為をした場合には,当然に相続を単純承認したものとみなされてしまう場合があります。これを法定単純承認といいます。

法定単純承認が成立すると,それ以降は,相続放棄や限定承認ができなくなりますので注意が必要です。

>> 相続放棄とは?

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

遺産相続問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ