遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

相続の承認・放棄

相続の単純承認とは何か?

相続人が,留保を付けずに相続をする旨の意思表示をすることを,相続の単純承認といいます。ここでは,単純承認についてご説明いたします。

(著者:弁護士

単純承認とは?

相続人は,相続をするかしないかの選択権を有しています。相続人が,相続をするという意思表示をすることを,相続の承認といいます。

この相続の承認には,単純承認と限定承認があります。

このうち,相続の単純承認とは,何らの留保もつけずに相続をするという意思表示をすることをいいます。つまり,原則どおりに相続することを受け入れるということです。

単純承認をすると,相続の原則どおり,その単純承認をした相続人は,被相続人の一切の権利義務を「無限に」承継することになりますので,プラスの財産(資産)だけでなく,マイナスの財産(負債)も,すべてそのまま受け継ぐことになります。

したがって,相続した財産が資産よりも負債が大きいという場合には,相続財産からだけでは負債を弁済しきれないので,相続人固有の財産で相続した負債を弁済しなければならなくなります。

単純承認をする場合には,そのことをよく考えておかなければならないでしょう。

>> 相続の承認とは?

単純承認の手続

単純承認をする場合には,相続放棄や限定承認の場合と異なり,特別な手続をとる必要ありません。

後述のとおり,法定単純承認という制度がありますので,放っておいても,相続開始を知った時から3か月が経過すれば,自動的に単純承認をしたものとみなされるからです。

ただし,もちろん,あえて単純承認の意思表示をすることもできますが,あまり意味はないということになります。

もっとも,逆にいえば,放っておくと勝手に単純承認が成立し,負債も含めた相続財産全部を承継しなければならなくなるということでもありますので,注意をしなければならないでしょう。

法定単純承認

単純承認は,前記のとおり,あえて単純承認をする旨の意思表示をすることもできますが,通常は,法定単純承認が成立して,単純承認の効果が生ずるというのが一般的かと思います。

法定単純承認とは,一定の事由がある場合には,単純承認をしたものとみなすという制度のことをいいます。

この法定単純承認が成立すると,単純承認をしたものとみなされる結果,それ以降は,相続放棄や限定承認をすることができなくなります。

法定単純承認は,以下の事由がある場合に成立することになります。

上記の事由がある場合には法定単純承認が成立してしまい,それ以上,限定承認や相続放棄をすることができなくなりますので,限定承認や相続放棄を検討されている方は,上記の法定単純承認事由には十分に注意しておく必要があります。

>> 法定単純承認とは?

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,遺産相続に関する法律相談やご依頼を承っております。

遺産相続でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談のご予約は,【042-512-8890】までお電話ください。お待ちしております。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ