遺産相続の基本用語

遺産相続の基本用語

法律上の「親族」とは?

法律上「親族」という場合,一般的な意味での「親戚」とは少し違う意味を持ってきます。ここでは,この法律上の「親族」とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

法律上の「親族」とは?

一般に「親族」というと,親戚すべての人が含まれるようにも思われますが,法律上親族という場合には,すべての親戚が親族となるというわけではありません(もっとも,実際にはかなり広い範囲の親戚が「親族」に含まれます。)。

法律上の親族とは,6親等内の血族,配偶者,3親等内の姻族のことをいいます。

6親等内の血族

血族(けつぞく)とは,血がつながっている人のことをいいます。

ただし,養子縁組をしている場合には,法的な血縁関係が生じますので,ここでいう血族に含まれることになります。これを法定血族といいます。

6親等の血族ですから,以下の血族が「親族」となるということになります。

  • 1親等 父母・子
  • 2親等 祖父母・孫・兄弟姉妹
  • 3親等 曾祖父母・曾孫・おじおば・甥姪
  • 4親等 高祖父母・玄孫・祖父母の兄弟姉妹・いとこ・甥姪の子
  • 5親等 高祖父母の父母・来孫・高祖父母の兄弟姉妹・祖父母の甥姪・いとこの子・甥姪の孫
  • 6親等 高祖父母の祖父母・昆孫・高祖父母の父母の兄弟姉妹・高祖父母の兄弟姉妹の子・祖父母の甥姪の子…など

3親等内の姻族

姻族(いんぞく)とは,配偶者の血族のことをいいます。

夫からみれば,妻の血族(妻の父母等)は姻族ということになり,妻からみれば,夫の血族(夫の父母等)は姻族ということになります。また,自分の6親等内の血族の配偶者も姻族となります。

したがって,自分の兄弟姉妹・甥姪の配偶者,おじおばの配偶者,子や孫の配偶者も姻族ということになります。

配偶者の扱い

配偶者は,血族にも姻族にも当たりません。

親等もないので,いってみれば0(ゼロ)親等ということになるでしょうか。配偶者は,血族でも姻族でもありませんが「親族」となります。

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

遺産相続問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

この記事がお役にたてたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ