遺産相続の基本用語

遺産相続の基本用語

遺産相続・遺言に関する基本法律用語の一覧

遺産相続・遺言に関しては,実に多くの法律用語があります。一般的に馴染みのない用語が多く使われていますし,また,一般的に使われている用語でも,実は一般的な意味合いではなく,法律上は特有の意味として使われていることもあります。

したがって,遺産相続や遺言の問題を正しく理解していくためには,最低限,基本的な法律用語については理解しておく必要があるでしょう。

ここでは,この遺産相続・遺言に関する基本的な法律用語について,東京 多摩 立川の弁護士がご案内いたします。以下では,この法律基本用語について,五十音順でご紹介いたします。

あ行

「い」

「え」

か行(が行)

さ行

「さ(ざ)」

「し(じ)」

「す」

「せ」

「そ」

た行(だ行)

な行

は行

「は(ば)」

「ひ(び)」

「ふ(ぶ)」

「へ(べ)」

「ほ(ぼ)」

ま行

や行

ら行

わ行

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

遺産相続問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

この記事がお役にたてたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ