遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

遺産分割

遺産分割対象財産の確定の基準時はどの時点なのか?

遺産分割をするためには,その対象となる財産を確定させる必要があります。ここでは,遺産分割の対象となる財産を確定させる基準時についてご説明いたします。

(著者:弁護士

遺産分割の対象となる財産の確定

遺産分割の紛争を解決するためには,そもそも遺産分割の対象となる財産の範囲やその価額評価を確定させておく必要があります。

もっとも,時期によっては,財産の存否が生じてしまっている場合もあります。たとえば,相続開始の時には現存していたものの,遺産分割時には滅失してしまっているというような場合です。

このような場合,どの時点における財産を遺産分割対象財産として扱うのかということによって,当然遺産分割の内容も変わってきます。

また,財産の評価についても変更が生ずることがあります。たとえば,不動産などは時期によってその価額が変わってきますから,どの時点を評価の基準とするのかによって,遺産分割の内容も変わってきます。

そこで問題となるのは,どの時点における財産を遺産分割の対象とし,また評価するのかということです。すなわち,遺産分割対象財産の範囲・評価の基準時をどの時点に設定するのかという問題です。

>> 遺産分割の対象となる財産の範囲

遺産分割対象財産の範囲確定の基準時

前記のとおり,どの時点を遺産分割対象財産の範囲を確定するのかの基準時とするのかということは,遺産分割をするに当たって大きな問題です。

この問題については,基準時を相続開始時とする見解(相続開始時説)と遺産分割時とする見解(遺産分割時説)とがありますが,実務では,遺産分割時説がとられています。

したがって,遺産分割審判がなされる場合,基本的に,遺産分割対象財産の範囲の確定時期は,その審判の時ということになります。

もっとも,遺産分割協議や調停において,遺産分割対象財産の範囲確定の基準時を相続開始時とするという合意をすることは,もちろん自由です。

そのような合意がなされれば,基準時は相続開始時ということになります。

もっといえば,もし相続人間で話がつくのであれば,相続開始時であろうと,遺産分割時であろうと,それ以外の時期であろうとかまわないのです。

結局,基準時が問題となるのは,話がつかずに審判となった場合ということです。

ただし,遺産分割審判には既判力がありません。要するに,審判で遺産分割対象財産の範囲を決めたとしても,遺産確認訴訟によって覆されてしまうおそれがあるということです。

そのため,特定の財産が遺産分割対象財産に含まれるかどうか自体について争いがある場合には,まず遺産確認の訴えを提起すべきであるということになります。

遺産分割対象財産の評価確定の基準時

遺産分割対象財産の範囲は,遺産分割時に確定させるということであるとしても,その財産の価額をどの時点で評価すべきかということは,一応別の問題です。

これについても,やはり相続開始時説と遺産分割時説とがありますが,遺産分割対象財産の範囲確定の基準時と評価基準時を異ならせるのは不自然ですから,実務上,評価の基準時についても,遺産分割時説が採用されています。

したがって,審判の場合であれば,遺産分割対象財産は遺産分割時の価額をもって評価されることになります。

ただし,遺産分割協議・調停の場合には,相続人間の話し合いで,どの時点を評価の基準時とするかも決めることができます。

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産分割のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,遺産分割に関する法律相談やご依頼を承っております。

遺産分割をお考えの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談のご予約は,【042-512-8890】までお電話ください。お待ちしております。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ