遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

遺産相続の基礎知識

推定相続人の廃除とは?

相続開始後に相続人となるべき人(推定相続人)から相続資格を奪う制度として「推定相続人の廃除」の制度があります。ここでは,この推定相続人の廃除について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

推定相続人の廃除

被相続人を虐待・侮辱するなどの行為をした相続人に対して,被相続人としては,自分の財産を相続させたくないと思う場合はあり得るでしょう。

このような場合,被相続人は,遺言によって,その相続人に対する相続分法定相続分と異なるものにすることはできます。

しかし,その推定相続人が遺留分を有する法定相続人(子,直系尊属,配偶者)であった場合,遺言では遺留分までははく奪することはできません。

そこで,法は,被相続人の意思を尊重する制度として,「推定相続人の廃除(はいじょ)」という制度を設けています。

推定相続人の廃除とは,被相続人対して虐待,重大な侮辱その他著しい非行をした場合,被相続人の意思に基づいて,その推定相続人から相続資格を奪うという制度です。

この推定相続人の廃除は,上記のとおり,被相続人の意思を尊重するという趣旨の他に,被相続人と推定相続人との人的信頼関係を破壊したことに対する民事的制裁の意味も有しています。

>> 相続人の相続資格をはく奪することはできるか?

廃除の事由

推定相続人の廃除が認められるのは,遺留分を有する推定相続人に以下の事由がある場合です(民法892条)。

  • 被相続人に対し虐待をした場合
  • 被相続人に対し重大な侮辱を加えた場合
  • その他の著しい非行があった場合

推定相続人の廃除が認められる推定相続人は,遺留分を有する推定相続人(子,直系尊属または配偶者)です。相続人の廃除は,遺留分も含めて相続財産を相続させないというところに意味があります。

遺留分を有しない推定相続人(兄弟姉妹)については,遺言で相続分を付与しなければよいだけ(遺留分がない以上,遺言で相続分を指定されなければ何らの反論もできなくなります。)ですので,廃除の対象となっていないのです。

>> 推定相続人の廃除事由

廃除の手続

推定相続人の廃除の手続としては,家庭裁判所に請求(申立て)をする必要があります。そして,家庭裁判所の調停・審判によって決せられることになります。

推定相続人の廃除は,遺言によってすることもできます。もっとも,この遺言廃除の場合も,相続開始後,遺言執行者が家庭裁判所に廃除を申し立てることになります。

>> 推定相続人廃除の手続

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

遺産相続問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ