遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

遺産相続の基礎知識

再々,再々・・・代襲相続は認められるのか?

代襲相続人が相続開始時にすでに死亡しているなどの事情により,代襲相続ができないという場合,さらにその代襲相続人の子が「再代襲相続」することがありますが,さらに再々あるいは再々々・・・代襲相続していくことは可能なのでしょうか?ここでは,この再々・再々々・・・代襲相続は認められるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

代襲相続と再代襲相続

相続人となるはずの人(被代襲者)が死亡・相続欠格・廃除によって相続権を失っていた場合,その被代襲者に代わって,被代襲者の直系卑属である子(代襲相続人)が被代襲者の相続分承継するという制度のことを代襲相続といいます。

さらに,その代襲相続人も被相続人との関係で死亡・相続欠格・廃除によって相続権を失っていたという場合には,その代襲相続人に代わって,代襲相続人の直系卑属である子(再代襲相続人)が代襲相続人の代襲相続分を承継することがあります。これを再代襲相続といいます。

>> 代襲相続・代襲相続人とは?

再々代襲相続の可否

それでは,再代襲相続人が被相続人との関係で相続権を失っていた場合に,さらなる代襲相続(再々代襲相続)は認められるのでしょうか?

現実的にみると,再々代襲相続がなされるという場合は多くはないでしょう。

再々代襲相続というと多くの場合は玄孫に相続させるか否かということになるでしょうが,そもそも曾孫が誕生する以前に相続が発生していたり,代襲相続人や再代襲相続人まで相続権を失っているという場合も少ないでしょうから,あまり問題となることはないかもしれません。

もっとも,まったくないという話ではありません。長寿化した現代であれば起こり得る問題ではあります。

結論を言えば,再々代襲相続も認められています。民法は,代襲相続人をさらに代襲することが認められると定めている上に,それを再代襲に限るという限定を加えていないからです。

したがって,例えば,AさんにはBさんという子がいて,BさんにはCさんという子(Aさんからみれば孫)がいて,CさんにはDさんという子(Aさんという曾孫)がいて,さらにDさんにはEさんという子(Aさんからみれば玄孫)がいたという場合に,Aさんが亡くなる以前にBさんもCさんもDさんも亡くなっていたとすれば,Eさんについて再々代襲相続が発生するということになります。

再々々・・・代襲相続の可否

さらに,再々代襲相続だけでなく,代襲相続,再々々代襲相続や再々再々代襲相続・・・といった,さらなる代襲相続が認められるのかということが問題となります。

この点については,前記のとおり民法は代襲相続について何らの限定もしていないことからすれば,再々代襲相続だけでなく,要件を満たせば,再々々代襲相続も,もっといえば再々々々・・・代襲相続も認められるということになります。

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

遺産相続問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ