遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

遺産相続の基礎知識

兄弟姉妹が相続人の場合の代襲相続・再代襲相続

法定相続人である兄弟姉妹が相続開始時に死亡している場合等にも代襲相続が開始されるのでしょうか?ここでは,この兄弟姉妹が法定相続人である場合でも代襲相続や再代襲相続は認められるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

兄弟姉妹が法定相続人となる場合

誰が相続人となるかは,民法で定められています。それによれば,相続人(法定相続人)となるのは,配偶者,子,直系尊属,そして兄弟姉妹です。

ただし,相続人は順位が決まっており,子がいる場合は子が,子がいない場合は直系尊属が,子も直系尊属もいない場合に兄弟姉妹が相続人となるとされています。配偶者には順位はなく,必ず相続人となります。

したがって,兄弟姉妹が相続人となるのは,被相続人に子も直系尊属もいない場合ということになります。

>> 相続人(法定相続人)とは?

兄弟姉妹が法定相続人となる場合の代襲相続

前記のとおり,被相続人に子も直系尊属もいない場合には,兄弟姉妹が相続人となります。

兄弟姉妹が相続人となる場合に,相続が開始した時点で,その相続人となるはずの兄弟姉妹が死亡,相続欠格または廃除によって相続権を失っていた場合には,その兄弟姉妹の直系卑属である子が代襲相続することになります。

>> 代襲相続・代襲相続人とは?

兄弟姉妹が法定相続人となる場合の再代襲相続

問題となるのは,代襲相続ではなく,再代襲相続できるかどうかです。

つまり,兄弟姉妹が相続人となる場合に,相続が開始した時点で,その相続人となるはずの兄弟姉妹が相続権を失っており,しかもその兄弟姉妹の直系卑属である子(代襲相続人)も死亡,相続欠格または廃除によって相続権を失っていたというときに,その代襲相続人の直系卑属である子が再代襲相続できるのかどうかが問題となってくるということです。

かつては,民法に兄弟姉妹が相続人となる場合であっても再代襲相続されるという規定がありましたが,昭和55年(1980年)民法改正によって,その規定は削除されています。

そのため,現在では,兄弟姉妹が相続人となる場合の再代襲相続は認められないことになります。

ただし,注意すべきことがあります。

それは,上記のとおり,かつては再代襲を認める規定があったことから,その規定が削除される前に発生した相続については,兄弟姉妹が相続人となる場合であっても再代襲相続が認められるという点です。

具体的にいうと,昭和55年12月31日以前に開始された相続については,兄弟姉妹が相続人の場合でも再代襲相続が開始されます。

他方,昭和56年1月1日以降に開始された相続については,兄弟姉妹が相続人の場合には再代襲相続は認められません。

もはや30年以上前のことですが,念のため注意をしておく必要があるでしょう。

なお,上記のとおり,昭和56年12月31日以前については,兄弟姉妹が法定相続人である場合の再代襲相続が認められないのですから,当然,再々代襲相続,再々々・・・代襲相続も認められないということになります。

>> 再代襲相続とは?

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

遺産相続問題でお困りの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ