遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

遺産分割

遺産分割協議・調停が無効・取消しとなることはあるのか?

遺産分割の手続としては,協議・調停・審判があります。もっとも,協議や調停は,どのような場合でも常に有効であるとは限りません。ここでは,遺産分割協議や調停が無効・取消しとなる場合はあるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

無効と取消し

契約などの法律行為や意思表示は,法律上「無効」となることがあります。

この法律上の無効とは,文字どおり,法律上の有効要件を満たしていないために,その法律行為等が,はじめから何らの効力も有していないということです。

他方,取消しとは,一応,有効要件を満たしているために有効な法律行為等であると見えるものの,実際には,法律で定められた取消し得る行為であり,取消権者の取消しの意思表示によって,遡及的に無効とさせることをいいます。

無効な法律行為等の場合には,特別な意思表示をすることなく,当然に無効となりますが,取消し得る法律行為等の場合には,取消権者が取消しの意思表示をするまでの間は,一応有効な法律行為等として扱われるという違いがあります。

もっとも,最終的な効果としては,いずれもはじめから無効な法律行為であったということになりますので,その点においては違いはありません。

>> 遺産分割をやり直すことはできるか?

遺産分割協議の無効・取消し

遺産分割協議も法律行為であると解されていますから,以下の場合には,無効となったり、取り消されたりすることがあります。

>> 遺産分割協議・協議分割とは?

相続人でない者が参加していた遺産分割協議

遺産分割協議には,相続人しか参加することができません。遺産分割協議書に相続人でない者(相続欠格等によって後に相続資格が失われた者も含む。)の氏名が記載されているなど,協議分割に第三者が加わっていた場合には,その協議分割は無効となります。

相続人の一部が参加していなかった場合

遺産分割協議には,すべての共同相続人が参加していることが必要です。

1人でも共同相続人が参加していなければ,その協議はやはり無効となります(ただし,相続開始後に認知された者がいる場合には,その被認知者を除外してしまったときでも,協議は無効とならず,後に金銭的に調整することは可能とされています。)。

民法上の法律行為の無効に当たる場合

民法上,法律行為・意思表示の無効事由がある場合も,それぞれの規定に従って遺産分割協議は無効となります。

たとえば,相続人に意思能力が無い者がいた場合,協議内容等が強行法規または公序良俗に違反する場合,心裡留保・通謀虚偽表示・要素の錯誤がある場合等には,遺産分割協議は無効となります。

民法上の法律行為の取消事由がある場合

上記の無効事由がある場合と同じように,民法上の法律行為・意思表示の取消事由がある場合には,遺産分割協議について取消しの意思表示をすることができます。

たとえば,相続人の一部が未成年者で法定代理人がいなかった場合,遺産分割協議において詐欺や強迫があった場合などです。

遺産分割協議の解除

遺産分割協議については,相続人全員による同意があれば,協議を解除することができます。解除された場合には,遡及的に協議が無効となります。

>> 遺産分割協議を解除できるか?

遺産分割調停の無効・取消し

遺産分割調停の場合も,基本的に,前記の遺産分割協議が無効・取消しとなる場合と同じといってよいでしょう。

もっとも,調停分割においては,家庭裁判所で要件を吟味し,また専門家である調停員や裁判官が内容をチェックしていますので,基本的に無効・取消原因があるということは稀でしょう。

>> 遺産分割調停・調停分割とは?

遺産分割審判の無効・取消し

遺産分割の審判は裁判です。

したがって,基本的に,審判の無効・取消事由がある場合には,別途,無効・取消しを主張するのではなく,審判に対する不服申立ての手続を行い,上級審における裁判でその無効・取消しを主張して争うことになります。

遺産分割審判に対する不服申立ては「即時抗告」によって行います。抗告の裁判は,審判をした家庭裁判所を管轄する高等裁判所によって行われます。

なお,すでに審判が確定してしまっている場合には,不服申立てをすることはできません。

その場合には,原則として,審判の無効や取消を主張することはできず,再審という方法によるしかありませんが,これはなかなか認められないため,無効・取消事由があるという場合には,すぐに対処をしておかなければなりません。

>> 遺産分割審判・審判分割とは?

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産分割のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,遺産分割に関する法律相談やご依頼を承っております。

遺産分割をお考えの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談のご予約は,【042-512-8890】までお電話ください。お待ちしております。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ