遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

遺産分割

遺産分割審判(審判分割)とは?

遺産分割の手続としては,協議・調停・審判があります。ここでは,このうちの,遺産分割審判(審判分割)について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

遺産分割審判・審判分割とは

遺産(相続財産)について相続人間等で争いが生じてしまった場合には「遺産分割」の手続を行う必要があります。この遺産分割によって,どのように遺産を分けるのかを取り決めることになります。

遺産分割の具体的な手続としては,遺産分割の「協議」「調停」「審判」の3つがあります。このうち,協議は裁判外の手続ですが,調停と審判は家庭裁判所における裁判手続です。

遺産分割審判は,家庭裁判所の裁判(家事審判)手続です。協議や調停と異なり,家庭裁判所の裁判官が,審判という決定をもって,遺産分割方法を決めるという手続です。遺産分割審判で遺産分割をすることを「審判分割」といいます。

>> 遺産分割手続の種類

遺産分割調停との関係

遺産分割は,まず協議を行い,それが調わなかった場合に裁判手続を利用できることになっています。

遺産分割の裁判手続には,前記のとおり,調停と審判があります。もっとも,遺産分割事件では,まず審判前に調停を経なければならないという「調停前置主義」は採用されていません。

そのため,原則論でいえば,協議が不調の場合には,調停または審判のどちらでも申立てができるということになります。

もっとも,遺産分割事件は,家族・親族間の紛争ですから,話し合いになじみやすい事件類型です。そこで,実際には,いきなり遺産分割審判を申し立てた場合でも,職権で調停に付されるというのが,一般的でしょう。その意味では,事実上,調停前置主義のような運用がとられているといえます。

したがって,はじめに遺産分割審判を申し立てた場合でも,裁判所の職権で調停に付され,調停が行われることになります。その調停が不調に終わった場合には,審判に戻ることになります。

また,はじめから遺産分割調停を申し立てていたという場合でも,調停が不成立になった場合には,調停の申立て時に審判の申立てもあったものとみなされるため,自動的に審判に移行することになります。したがって,あらためて遺産分割審判申立てをする必要はありません。

>> 遺産分割調停(調停分割)とは?

遺産分割審判の手続

遺産分割審判の手続は,協議や調停と異なり,話し合いだけの手続ではありません。訴訟のように,各当事者が主張とそれを裏付ける証拠資料を提出し,それに基づいて裁判官が審判という判断をするという手続です。

とはいえ,遺産分割事件は話し合いになじむ事件類型ですから,審判においても,まったく話し合いがなされないというわけではありません。随時,裁判官をまじえた話し合いが行われるのが通常です。

協議や調停(審判手続中の調停も含む。)は,当事者の意思に基づく合意ですから,私的自治の原則によって,法定相続分や遺言と異なる遺産分割方法を定めることも可能です。自由度が高いということです。

しかし,遺産分割審判における分割(審判分割)は,合意に基づくものではなく,裁判官が他律的に決定するものですから,法定相続分を変更することはできませんし,遺言を尊重する必要もあります。

したがって,審判分割では,具体的相続分に即した共同相続人間の均衡を考慮して,相続分に従った分割が行われなければならないとされています(最高裁事務総局家庭局「昭和42年3月開催家事審判官会同概要」)。

要するに,遺産分割審判で認められるのは,遺言または法定相続分に基づく遺産分割です。ただし,もちろん,調停において合意に至っている事項や,特別受益や寄与分などの法的主張は取り入れられます。

>> 遺産分割審判の流れ

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産分割のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,遺産分割に関する法律相談やご依頼を承っております。

遺産分割をお考えの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談のご予約は,【042-512-8890】までお電話ください。お待ちしております。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ