遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

遺産分割

遺産分割の方法(遺産の分け方)とは?

遺産争いを解決するための法的手続として「遺産分割」があります。この遺産分割における遺産の分け方にはいろいろな方法があります。ここでは,どのような方法で遺産分割するのか(遺産の分け方)について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

遺産分割の方法(遺産の分け方)

遺産争いが生じた場合,これを解決するための方法として「遺産分割」があります。

遺産分割とは,文字どおり,遺産(相続財産)を共同相続人に分配するという手続ですが,これには,さまざまな方法があります。

具体的には,遺産分割の方法として,現物分割・個別分割・換価分割・代償分割などの方法があります。

現物分割

遺産分割方法の1つである「現物分割」とは,相続財産の現物をそのまま分割するという方法です。最も,単純な方法であるといえます。

例えば,相続財産として土地があったとして,この土地の所有権を,共同相続人に対し,それぞれの相続分に応じて持分を認めて共有とするという方法です。

より具体的にいうと,例えば,共同相続人として子AとBがいたとます。AとBの法定相続分は,それぞれ2分の1ずつです。

この場合,相続財産として土地があったとすると,現物分割をしたとすれば,甲に2分の1,乙に2分の1ずつ,その土地の共有持分が与えられることになるということです。

個別分割

遺産分割方法として「個別分割」という方法もあります。個別分割は,相続財産の現物をそのまま分配するという方法です。

例えば,相続財産として甲土地と乙土地があり,共同相続人に子AとBがいたとします。この場合,現物分割ですと,甲土地の所有権の2分の1がAに,残りの2分の1がBに配分されることになります。

しかし,それぞれの土地を共有とすると,現実的には,ABともにいちいち相手の確認をとらなけば処分等ができなくなり,実際の利用として大いに不便です。そこで,個別分割が用いられます。

例えば,上記の例でいえば,Aには甲土地の所有権全部,Bには乙土地の所有権全部を与えるというように分配するのが,個別分割です。

換価分割

遺産分割方法には「換価分割」という方法もあります。この方法は,相続財産を換価して,それによって取得した金銭を分配するという方法です。

前記のような土地等を個別に分割するとしても,あるいは,その土地の価額が不釣り合いであるなどで不公平が生ずる可能性もあります。

しかし,遺産を換価して金銭にし,それを分配するということになれば,どのくらいの価値のものが分配されるのかは明確です。

そのため,相続財産が,現物分割では利用の現状に沿わず,しかも,個別分割では公平に分割できないような財産が含まれている場合には,この換価分割が用いられることがあります。

代償分割

遺産分割方法の1つに「代償分割」という方法があります。これも,換価分割と同様に,現実の金銭で公平を図ろうというものです。

もっとも,換価分割と異なり,相続財産を換価処分するというものではなく,ある共同相続人に相続財産を分配する分,その他の相続人に相続分に応じた金銭を渡すなどの方法で公平を図ろうというものです。

例えば,共同相続人として子AとBがおり,相続財産として価値1000万円の土地があったとします。

この場合,現物分割であれば,この土地をAとBとが2分の1ずつの持ち分で共有することになるでしょうし,換価分割であれば,土地を処分して得た1000万円の金銭を,AとBとで500万円ずつ取得することになるでしょう。

しかし,例えば,Aがこの土地に住んでいたなど,どうしても土地を利用取得したいという場合,共有であれば不便ですし,ましてや換価もできません。

そこで,換価分割したならばBが取得したであろう500万円については,AがBに対して代償として支払うということで,Aが土地の所有権の全部を取得するということ方法が,この代償分割という方法です。

その他の分割方法

前記までに述べてきたとおり,遺産分割には様々な方法がありますが,もちろん,これのみに限るというわけではありせん。

遺産分割の手続は,基本的に,共同相続人間での話し合いによって定められるものですから,合意ができるのであれば,上記以外の方法での遺産分割も当然に可能です。

もちろん,法定相続分にこだわらない遺産分割も可能です。

例えば,共同相続人として子A・B・Cがいるという場合に,三者はそれぞれ3分の1ずつの相続分を有していますが,これを,Aは2分の1,BとCは4分の1ずつとすることも可能ですし,さらには,BとCは事実上相続をほとんどせず,Aにだけ遺産を集中させるというような分割も可能です(いわゆる「事実上の相続放棄」)。

ただし,審判となった場合には,前記の現物分割と個別分割が,基本的に原則とされていますので,通常はそれらの方法で分割するという内容の審判になるでしょう。

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産分割のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,遺産分割に関する法律相談やご依頼を承っております。

遺産分割をお考えの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談のご予約は,【042-512-8890】までお電話ください。お待ちしております。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ