遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

遺産分割

遺産分割調停(調停分割)とは?

遺産分割の手続としては,協議・調停・審判があります。ここでは,このうちの,遺産分割調停(調停分割)について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

遺産分割調停・調停分割とは

遺産(相続財産)について相続人間等で争いが生じてしまった場合には「遺産分割」の手続を行う必要があります。この遺産分割によって,どのように遺産を分けるのかを取り決めることになります。

遺産分割の具体的な手続としては,遺産分割の「協議」「調停」「審判」の3つがあります。このうち,協議は裁判外の手続ですが,調停と審判は家庭裁判所における裁判手続です。

遺産分割調停は,家庭裁判所の裁判(家事調停)手続です。家庭裁判所が選任した調停委員を間に入れて話し合いを取りまとめていくという手続です。遺産分割調停で遺産分割をすることを「調停分割」といいます。

>> 遺産分割手続の種類

調停前置主義の適用の是非

遺産分割をする場合には,まずは,裁判外において,相続人間で遺産分割協議を行う必要があります。この協議が調わなかった場合やそもそも協議ができなかった場合にはじめて,裁判手続を利用できることになります。

遺産分割の裁判手続としては,前記のとおり,調停と審判という手続があります。

家事事件には,通常「調停前置主義」と呼ばれる制度があります。すなわち,いきなり調停や人事訴訟を申し立てることはできず,まず調停を行ってからでなければという制度です。たとえば,離婚事件などでは,この調停前置主義がとられています。

もっとも,遺産分割事件の場合には,この調停前置主義がとられていません。そのため,協議が不調の場合には,いきなり審判を申し立てることも可能であるということになります。

ただし,遺産分割事件も,やはり家族・親族の問題ですから,話し合いに向いている事件類型です。そのため,実際には,いきなり審判を申し立てたとしても,まずは調停に付されることになるのが通常でしょう。

>> 遺産分割審判・審判分割とは?

遺産分割調停の手続

遺産分割調停は,前記のとおり,家庭裁判所によって選任された調停委員を間に入れて,相続人間で話し合いをする手続です。

遺産分割協議の場合ですと,相続人だけで話し合いをするのが通常ですから,場合によっては冷静な話し合いができず,話がまとまらないということもありますが,調停の場合には,まったくの第三者である調停委員が間に入って話を進めていくため,協議の場合よりも,客観的な話し合いや解決が可能となります。

また,話し合いで合意を形成していくため,遺産分割協議の場合と同様,遺言がある場合であっても,遺言と異なる遺産分割をすることも可能です。

上記のとおり,遺産分割調停は,協議と同様,話し合いで解決する方法であるため,柔軟な解決が可能であると同時に,感情的な対立を抑えることができるというメリットがあります。

なお,遺産分割調停で話がまとまった場合には,裁判所によって調停調書が作成されることになります。この調停調書は,債務名義としての効力を有しています。

>> 遺産分割調停の流れ

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産分割のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,遺産分割に関する法律相談やご依頼を承っております。

遺産分割をお考えの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談のご予約は,【042-512-8890】までお電話ください。お待ちしております。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ