遺産相続・遺言作成ネット相談室イメージ

遺産分割

死亡退職金は遺産分割の対象となるのか?

被相続人が死亡したことによって被相続人の勤務先等から支払われる死亡退職金は,遺産分割の対象とならないのが原則です。ここでは,死亡退職金は遺産分割の対象となるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

(著者:弁護士

相続における死亡退職金の取扱い

被相続人が亡くなった場合,勤務先等から被相続人の遺族に対して,死亡退職金が支払われる場合があります。

この被相続人の死亡によって支払われる死亡退職金は,相続財産(遺産)に含まれるのかという問題があります。

この点については,まず勤務先の退職金規程等に基づいて,被相続人が死亡退職金の受取人を指定していれば,その受取人固有の財産となり,相続財産には含まれないと解されています。

受取人が指定されていない場合でも,退職金規程等において特定の立場にある人が受取人となる旨の規定があれば,死亡退職金はその受取人固有の財産となり,やはり相続財産には含まれないと解されます。

また,退職金規程等に受取人を指定できる旨の規定や,指定をしなかった場合に誰が受取人となるのかについての規定もないという場合には,可分債権として,共同相続人全員がそれぞれの相続分に応じて死亡退職金の請求権を取得することになると思われます。

いずれにしても,死亡退職金(の請求権)は相続財産には含まれないという解釈が一般的であるといえるでしょう。

>> 死亡退職金は相続財産に含まれるのか?

遺産分割における死亡退職金の取扱い

前記のとおり,被相続人の勤務先等から支払われる死亡退職金は,受取人固有の財産となるか,または,共同相続人が相続分に応じて当然に取得するものとなり,相続財産とはなりません。

したがって,死亡退職金金は遺産分割の対象にもならないということになります。

もっとも,死亡退職金は,ときに非常に高額になることがあります。死亡退職金の金額が,その被相続人の相続財産の総額よりも高額になるということも珍しくはありません。

そのように死亡退職金が相続財産と比べても非常に高額となる場合にも,まったく遺産分割において考慮されることがないとすると,相続人のうちの1人が死亡退職金の受取人となったときに,その相続人とそれ以外の相続人との間に著しい不公平が生じる可能性があります。

そこで,受取人である相続人とその他の相続人との不公平を是正する見地から,生命保険金の場合のように,死亡退職金を特別受益として扱うことはできないかということが問題となってきます。

この点については明確な最高裁判例はありません。

しかし,被相続人が保険料を支払っていたことによって保険契約に基づき支払われる生命保険金と異なり,死亡退職金は,受給権者の生活保障を主たる目的とする死亡退職金制度に基づいて支払われるものです。

そのため,死亡退職金(請求権)は,特別受益の対象とはならないと解する見解が有力とされています(ただし,退職金の賃金の後払い的性格等を重視して,特別受益の対象とする見解もあります。)。

>> 遺産分割の対象となる財産の範囲とは?

この記事がお役にたちましたらシェアお願いいたします。

遺産分割のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,遺産分割に関する法律相談やご依頼を承っております。

遺産分割をお考えの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談のご予約は,【042-512-8890】までお電話ください。お待ちしております。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ